Shin Photography

フレアを活かす

逆光時に出やすい写真にとって不要な要素の一つがフレアです。

特に逆光の光が強ければ強いほど、レンズと光の角度のによって起こりやすくなります。

一番わかりやすいのは直射の太陽を直接撮ると太陽がギラ〜んとして

画面が白っちゃけた感じになるのがソレです。

また太陽もそうですが車のヘッドライトを直接見ると

運転手の顔が確認できないくらい眩しい時ありますよね

人間の目でも眩しいのと同じで、逆光の時にレンズが眩しいと感じる時が

フレアが起こっているいる時ともいえますね。

 

最初に「写真にとって不要な要素の一つがフレアです。」

と書きましたが、これは一般的なお話です。

実は僕にとってはフレアは不要ではないと思っています。

その度合いにもよりますがフレアを逆手にとった

表現をすれば良いと思っています。

この作品がその一つ。

フレアが発生して全体に白っちゃけでいますが

逆にそれがふんわりした柔らかいい印象になっています。

まるで曇りガラス越しに撮っているかのようですね。

あまりにもフレアが強すぎるのもよくないので

レンズと太陽のうまい角度を探しながら

アングルを決めて撮影していきました。

 

====================================================================

『あなたの魅力を最大限に引き出し、自分が望む人や仕事を引き寄せる』

写真はあなたというブランドを格上げしてくれる最高のツールです。

そんな”引き寄せ写真”に興味がある・撮られたい、という方はお気軽にご連絡ください!

東京都内・神奈川・埼玉・千葉を中心に撮影しております。

ご依頼があればもちろんどこでも飛んでいきますのでお気軽にお問い合わせください。

撮影依頼・お問い合わせ

====================================================================

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です