Shin Photography

ポートレートで失敗を防ぐために押さえておきたいカメラの設定とは

それは

連写設定

 

です。

 

僕が使っているSony αシリーズのカメラには連写機能がついています。

他のカメラにもそういう機能はあるはず。

 

 

僕のカメラには

 

・1シャッター1枚(シングルショット)
・1シャッター複数枚(連写LO 連写間隔少なめ)

・1シャッター複数枚(連写MID 連写間隔中間)

・1シャッター複数枚(連写HI 連写間隔早い)

・1シャッター複数枚(連写HI+ 連写間隔超早い)

 

という設定を選べます。

 

 

僕がポートレートを撮る場合は大抵は連写MIDに設定しておきます。

 

一番の目的は

目つぶりのカットを減らすため

 

ポートレート撮影は流動的に動きながらの撮影になるので
完全に同じアングルでの撮影は二度とできません。

 

「いい感じに撮れた!」

 

と思っても、あとで確認してみると

目をつぶっていた、という残念な状況になる可能性は十分にあります。

 

 

そこで、1回のシャッターで複数枚撮れる連写機能が役に立ちます。

 

 

失敗を未然に防ぐ機能というわけです。

 

 

 

瞬きがめちゃ速いという人もよくいます。

そういう人は”目つぶりカット”の可能性もグンと上がります。

そういう場合は連写機能も高速な連写HIやHI+に切り替えます。

 

 

 

ただ、連写は撮れば撮るだけ枚数と容量が跳ね上がります。

カードへの書き込みにも時間がかかってしまうこともあります。

 

 

 

 

 

むやみやたらにシャッターを切りすぎず、

相手に合わせて切り替えることをお勧めします。

 

 

というわけで僕は標準状態の時は連写MIDにしています。

 

テンポよく撮れるのでちょうどいい連写具合です。

連写設定できていますか??

 

============================================

『写真と動画で世の中をハッピーにポジティブチェンジ!!』

写真と動画の力で人の役に立てることはないかいつも考えています。

写真や動画の撮影でお困りの方はお気軽にご相談ください。

撮影依頼・お問い合わせ

============================================

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です