Shin Photography

ミックス光を考える

 

光にはいろいろな種類があります。

太陽光、ストロボ光、蛍光灯、LED、水銀灯、ロウソク・・・

様々な光があり、それぞれに色が違います。

今回は室内の照明で撮影しました。

この照明はすごく赤いです。

対して窓から入ってくる太陽光は青いです。

赤い光と青い光、混ざると色が濁ってしまいます。

この時はまだ二種類の光だけですが、時として様々な種類の光が混ざり合う時もあるのです。

濁らないようにするためにはできるだけ同じ種類の光で撮影すること、

色を補正して同じ光の色味にするためのフィルターをつけて調整する、

などの方法があります。

ライブや舞台などでは様々な色の光が四方八方を照らして演出するので、

同じ色味に統一させてはつまらなくなってしまいます。

というように用途に合わせて光の色を調節していくわけですね。

この作品でいうと、本来、色を濁らせたくない場合は太陽光か室内の照明にフィルターをかけると全体の色味が統一できます。

が、当然太陽にフィルターなんてつけらけないし、室内の照明にも一つ一つにフィルターをつけることはできません。

というわけで、結局はそのままの光で撮りました(笑)

こうなると、今度は画面のどの部分を基準に色を整えていくかということになります。

この作品でいうとそれは当然ながらモデルさんの顔です。

モデルさんの顔の色が濁ってくると当然ながら見栄えもよくないですよね。

モデルさんの顔の色を整えつつも全体的にレトロな感じになるようにコントラストや明瞭度などの調整を行いました。

光の色味をコントロールするにはホワイトバランスが重要です。

AWBモード(オートホワイトバランス)任せにしている方は

ホワイトバランスを任意に操作していろいろな色味で撮ってみるのも勉強になると思いますよ!

====================================================================

『あなたの魅力を最大限に引き出し、自分が望む人や仕事を引き寄せる』

写真はあなたというブランドを格上げしてくれる最高のツールです。

そんな”引き寄せ写真”に興味がある・撮られたい、という方はお気軽にご連絡ください!

東京都内・神奈川・埼玉・千葉を中心に撮影しております。

ご依頼があればもちろんどこでも飛んでいきますのでお気軽にお問い合わせください。

撮影依頼・お問い合わせ

====================================================================

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です