Shin Photography

光の当たり方を感じる

 

背景が黒く画面に余計なものが入っていない、被写体の服も黒いしモノクロで撮っている、

ということでこういう一枚は光の当たり方がよく見えてきます。

光は画面右側から当たっているのが分かります。

夜に室内で撮っているので、もちろん太陽の光ではなくストロボという人工の光で撮りました。

人口の光は太陽と違って任意に動かしたり光の強さを変えて撮ったりできるという利点があります。

そしてストロボを何台も使ったり必要な場所だけを照らしたりすることもできます。

この時はシンプルにストロボは一台しか使っていません。

 

写真や動画を撮るとき、光の当たり方を考えるのは大切なことです。

当たり方次第で良くも悪くもなります。

 

屋外で撮る場合は任意で太陽を動かすことはできないので、太陽の動きに合わせてこちらが動かなければなりません。

うまい時間帯や角度を見つけて撮れば屋外でもこの作品のように画面右側から光が当たった撮り方もできます。

ただ明るいや暗い、という判断だけでなく”どの角度から光が当たっているか”を感じながら撮ると

ますます写真がよくなっていきます。

写真が上手に撮れないと思っている人は光の当たり方を感じながら撮ってみてください!

====================================================================

『あなたの魅力を最大限に引き出し、自分が望む人や仕事を引き寄せる』

写真はあなたというブランドを格上げしてくれる最高のツールです。

そんな”引き寄せ写真”に興味がある・撮られたい、という方はお気軽にご連絡ください!

撮影依頼・お問い合わせ

====================================================================

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です