Shin Photography

光を選ぶ目を持つ

屋外でポートレートを撮るのなら光を選ぶ目を持つ必要があります。

このことは普段から結構書いていることなので繰り返しになってしまいますが、

もっとポートレートが上手くなりたいと思う人はいつも意識してみてください。

曇りの時の撮影は、雲で太陽の光が拡散かれて柔らかい雰囲気で撮れます。

ほぼどの角度からでも撮れます。

失敗せず安パイに攻めるなら曇りはとても撮りやすいです。

晴れの日は光を選ぶ必要があります。

直射の光が被写体に当たると顔に余計な影がついたり、必要以上の陰影がついたりと

なかなかいい感じに撮れないことが多くなてきます。

ただ、うまく撮れると曇りの時よりもドラマチックで印象の強い写真になります。

 

この作品はモデルさんの背景に光が差し込んでいます。

葉っぱがキラキラとしてキレイで、モデルさんの頭にも光が当たりいい感じにハイライトが入っています。

これシャッターを切ったらはたまたまキレイに撮れたというわけではなく、

こうなるように、あえてこの場所にモデルさんを配置したのです。

そういう光がある場所に敏感になり、撮影中常にその時自分が撮りたい光の場所を探すのです。

 

「直射はいい感じに撮れない」とはいったものの、その時の作品の表現が「直射で撮りたい」という

意思の元に撮影しているのであればそれもありです。

そこに理由さえあれば、その理由を元にうまく表現できるのであれば作品は自由に撮るべきだと思うので。

”たまたま”ではなく”分かっていて”撮ることが大切です。

たまたまだったとしても、そのたまたまに敏感に気づけるかどうかが重要です。
====================================================================

『あなたの魅力を最大限に引き出し、自分が望む人や仕事を引き寄せる』

写真はあなたというブランドを格上げしてくれる最高のツールです。

そんな”引き寄せ写真”に興味がある・撮られたい、という方はお気軽にご連絡ください!

撮影依頼・お問い合わせ

====================================================================

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です