Shin Photography

夏の公園で撮るポートレートの3つのポイントとは

夏の公園は緑が青々と茂り、重〜い感じがしますよね。

そんな場面で雰囲気の違う2種類のカットを撮ってみました。

大きくポイントは3つ

・露出
・ストロボ
・現像処理

です。

 

天候は曇りですが時々日が差すといった感じです。

 

では早速1枚目

 

(A)

緑の重さを利用して全体的にローキー(暗め)な感じで撮っています。

画面左からストロボ(ソフトボックス 小)を当てています。

緑の重さを強調するために、緑色の彩度と明るさをさらに下げています。

現像処理でさらに全体を暗めに、左からストロボ光の当たっている部分(顔や二の腕)のハイライトを少し明るくしています。

全体に暗めに、顔を明るくすることで表情に目がいくようにしました。

 

 

 

 

2枚目

 

(B)

こちらは全体に明るめに撮りました。

木々の緑で暗いとはいえ、もともと日中なのでいくらでも明るく撮ることはできます。

ストロボは画面の右側、モデルさんの横から当てています。

現像処理の時にコントラストを上げて

緑色の明るさと彩度を上げ爽やかな感じにしました。

 

 

モデルさんとカメラの位置はほとんど変わっていません。

撮るときと処理するときのちょっとしたポイントで大きくイメージの違う写真に仕上げることができるのです。

写真ておもしろいですね!

============================================

『写真と動画で世の中をハッピーにポジティブチェンジ!!』

写真と動画の力で人の役に立てることはないかいつも考えています。

写真や動画の撮影でお困りの方はお気軽にご相談ください。

撮影依頼・お問い合わせ

============================================

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です