Shin Photography

逆光を考える

この時は”ソフトに撮る”というのが密かなテーマでした。

ソフトとはコントラストが低く全体的にぼやっと見える感じそいえば分かりやすいかと思います。

ソフトに撮る王道としてはまさに読んで字のごとく「ソフトフィルター」というものをレンズの前につけて撮れば

全体的にふんわりソフトに撮れるというものがあります。

ボートレートにおいてソフトレンズは写り方がわざとらしい、古すぎる、という気がしてむかしから僕は一度も使ったことがありません。(食わず嫌い的ではありますが)

 

この時はオールドレンズを使って逆光でふんわりした光で撮りました。

オールドレンズも逆光もソフトに撮れる効果があります。

ポイントは逆光の使い方です。

モデルの後ろから強烈に光る逆光もあれば、そこまで強くない光もあります。

モデルの位置より背景が明るい場所であればそれは逆光として成立します。

曇りの日や建物の陰をうまく利用すると撮りやすいと思います。

というわけでこの条件で撮れた一枚がこの作品です。

後処理でシャドー部を起こしてさらに柔らかさを足しました。

朝の雰囲気にしたかったのでホワイトバランスを上げ気味(カメラでの数値は下げ)で撮りました。

====================================================================

『あなたの魅力を最大限に引き出し、自分が望む人や仕事を引き寄せる』

写真はあなたというブランドを格上げしてくれる最高のツールです。

そんな”引き寄せ写真”に興味がある・撮られたい、という方はお気軽にご連絡ください!

撮影依頼・お問い合わせ

====================================================================

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です