Shin Photography

撮った写真はイジってなんぼ

写真は”一発撮り”

 

という美学があった時代もありました(撮影後の修正や補正はしないで、撮影前に全て完結させて撮る、という風潮です)

今でも「撮って出しの無調整」といって作品を発表する人いると思います。

 

もちろん、作風は撮った人の個性なので、どんな表現であっても”良い仕上がり”であればそれでいいと僕は思います。

 

結論からいうと、僕個人の意見としては

 

撮った写真はイジってなんぼ

 

です。

 

以下のサンプルを見てみましょう。

 

Aはいわゆる一発撮りでいじってません。
Bは僕の表現したいようにいじっています。

 

 

これはあくまで一例ですが、どちらが雰囲気ありますか?

 

 

良い作品にしていくためには自分色の表現を出していければいいと思います。

 

 

実はフィルム時代もみんなそうだったんですよ。

 

暗室にこもって”焼き込み”や”覆い焼き”などの技を使い、

「赤を強く」「いや、緑を強く」とか「もう1/3段明るくしてみよう」

など、あーでもないこーでもないをしながら自分だけの表現をしていたわけです。

僕の場合はプリントの時に現像所に指示を出してやってもらっていました。

そういう人(の方が)もたくさんいました。

 

 

それが今では自宅やオフィスで暗室にこもることなくPC場で現像できるわけです。

 

もっと分かりやすくいうと、スマホで撮った写真すら

カメラアプリで加工しますよね。

考え方はある意味同じなのかもしれません。

 

一眼レフカメラ(ミラーレス一眼、その他高級コンパクトカメラなども含む)での撮影では

 

RAWデータの撮影をオススメしています。

 

 

というか、これこそが良い作品作りのための必須条件です。

 

 

カメラ自体の機能でもある程度コントラストや色味の調整はできますが、細かな部分になるとやはりそれ用の現像ソフトには敵いません。

 

 

RAWデータというのはJPEGデータという一般的なデータ(スマホやコンデジで使われているデータ。一眼レフでももちろん撮れます)より

超膨大なデータ量が詰まっているので、いろいろな色味やトーンに仕上げることができるのです。

 

 

その代わりデータ容量も膨大になるし、RAWデータそのものではSNSへの投稿はできません。

 

 

 

・・・と条件はあるものの、せっかく一眼レフやミラーレスを買ったのであれば

 

 

RAWデータで撮って、現像ソフトでいじり倒してほしいです。

 

 

 

これが写真の楽しさの一つであるともいえます。

 

どうですか?自分だけの表現をしたくなってきませんか??

 

それでは楽しいカメラライフを!

 

============================================

『写真と動画で世の中をハッピーにポジティブチェンジ!!』

写真と動画の力で人の役に立てることはないかいつも考えています。

写真や動画の撮影でお困りの方はお気軽にご相談ください。

撮影依頼・お問い合わせ

============================================

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です