Shin Photography

良い写真とは?

良い写真の定義って何でしょう?

撮る分野によっても違うと思うし見る側の判断によっても違ってくると思います。

撮る側の僕が常に心がけているのは「相手に喜んでもらえること」です。

ただ、これって結構曖昧な言葉でもあります。

相手本意に相手に言われるがままの撮影をして喜んでもらう、というわけではなく

僕視点の撮り方をして、仕上がった作品を見て喜んでもらえたら嬉しいです。

 

仕事の撮影では、元々「こういう風に撮ってほしい」という前提があるので

意識は少し変わってきます。

どちらかというと相手本意の要望に合わせ、さらに僕の視点や考えを込めた撮影をしていきます。

 

「堀内さんテイストで撮りたいように撮ってください」という撮影がたまにあります。

それって僕の作品性を信頼して言ってくださっていると思うので素直に嬉しいです。

 

いずれにしても最終的には喜んでもらえることが第一、

それは被写体となって撮らせてもらった相手でも、依頼してきてくれたクライアントさんでも。

その写真自体が良かったでもいいし、その写真を使ったことで売上が上がったといわれてもそれもまた嬉しいです。

 

世の中には写真がすごく上手だけど本業にしてない人はたくさんいます。

本業にすればもっとたくさんの人に喜んでもらえるチャンスはあるのにと思こともあります(笑)

確かにプロは”ただ写真がうまいだけ”でなれるものではありませんが、

このポイントを押さえておいてここを気をつければ大丈夫、という分野の撮影もあります。

自分の好きなことで相手が喜んでくれて、その喜んでくれた対価がギャランティーとなって返ってきたら素晴らしいですよね!

 

最近、写真をが上手くなるための方法やプロになりたいんだけどどうすれば・・といった質問が本当に多くなってきました。

答えをいうなら

「とにかく撮りまくって見せまくってください」

ということになります。

 

ん〜、これではまだまだ抽象的すぎて分かりにくいですよね。

というわけでこのブログでも僕なりに写真表現がアップする方法を毎日書いてみてるわけですが。

周辺からは「勉強になる、分かりやすい」という嬉しいお言葉をいただく一方

「専門用語が多すぎて解らない」や「もっと具体的に」という声もいただき、日々反省と勉強を繰り返しております。

 

文章下手な僕が書いたブログではやはり限界があるかもしれないですね。

というわけでもっと写真がうまくなりたい!好きなカメラで収入を得たい!そもそもカメラには興味があるが一眼レフを持っていない!

という人向けにカメラスクールを作ろうと思います。

今は構想段階ですが近々開校してみようと思うのですがご興味ある方いますか?

楽しくも真剣に実戦で役に立つカメラワークや実際に写真で収入を得る方法や仕事の取り方を学ぶことで

もっと写真を好きな人が増え、その人が撮った写真で喜んでくれる人が周りに増えたら嬉しいです!

どんなことが習いたいかご要望はありませんか?

なるべく取り入れて実りのあるスクールになればと思っています。

 

また超〜、話が逸れまくってしまいましたが、

僕はやはりアバウトながらも相手に喜んでもらえる写真を目標にこれからも撮影していこうと思います。

この作品のモデルさんも仕上がりを見て「堀内さんに撮ってもらえて良かった」といってくれました。

この言葉で明日からも頑張っていけるのです。

みなさんにとっての良い写真てなんでしょうか?

====================================================================

『あなたの魅力を最大限に引き出し、自分が望む人や仕事を引き寄せる』

写真はあなたというブランドを格上げしてくれる最高のツールです。

そんな”引き寄せ写真”に興味がある・撮られたい、という方はお気軽にご連絡ください!

東京都内・神奈川・埼玉・千葉を中心に撮影しております。

ご依頼があればもちろんどこでも飛んでいきますのでお気軽にお問い合わせください。

撮影依頼・お問い合わせ

====================================================================

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です