Shin Photography

RAW現像って何?

「堀内さんぽい色の写真にするにはどうやればいいですか?」の質問に対する答えの一つを載せておきます。

フィルムカメラで撮ったら写真屋さんに行って現像をしてもらいます。

デジカメで撮るとその場ですぐに撮ったカットを確認できるので

現像する必要はないと思いますよね。

でも僕は現像をします。

何を??となりますよね。

それは何かというとRAWデータを現像しています。

 

イメージとしてざっくりいうと、撮ったデータをキレイに色調整したり

あるいは極端に色や質感を変えてしまう作業のこと。

スマホで撮ってインスタで加工する、という工程のもっともっと緻密で繊細な作業

というと分かりやすいですかね。

これがRAW現像なのです。

RAWデータというのは一般にあるJPGという写真画像データよりも

データサイズは大きくたくさんの情報量を持っているので

JPGよりも細かいところまで調整が可能なデータです。

こんな感じで覚えてみてください!

 

例えば室内で撮影した時、写真が真っ黄色になってしまうことってないですか?

カメラの設定が間違ってたりすると真っ黄色になることがあります。

一度真っ黄色に写ってしまったJPGデータを後から正常な色に戻すことは不可能です。

また、撮り方を失敗してかなり明るく(暗く)撮ってしまったとします。

これもJPGデータだと正常の明るさに直すのは難しいです。

しかしRAWデータなら直すことができます。

 

などRAWはたくさんの恩恵を受けられます。

でも前提は「失敗を直すためのデータ」ではなく

あくまで「より良い写真に仕上げるためのデータ」ということです。

 

僕がいつもアップしている作品は全てRAW現像して仕上げたものです。

 

RAWデータは一眼レフやミラーレスなどのレンズ交換式カメラや一部のハイスペックコンデジで撮ることができます。

ネックはデータ容量が膨大というところくらいです。

自分だけの写真表現をしたいという人はRAWデータで撮ってみてはいかがですか?

実際にどのようにRAW現像するかはまた今度書いてみます。

====================================================================

『あなたの魅力を最大限に引き出し、自分が望む人や仕事を引き寄せる』

写真はあなたというブランドを格上げしてくれる最高のツールです。

そんな”引き寄せ写真”に興味がある・撮られたい、という方はお気軽にご連絡ください!

東京都内・神奈川・埼玉・千葉を中心に撮影しております。

ご依頼があればもちろんどこでも飛んでいきますのでお気軽にお問い合わせください。

撮影依頼・お問い合わせ

====================================================================

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です