Shin Photography

現像ソフトを使う

先日RAW現像についての記事を書きました。

「概要は分かったけど、具体的にはどうすればいい?」的な追加質問が届きました。

直メッセージがが多いですが、遠慮なく質問してくれても大丈夫です!(笑)

最近、このような質問を個人的にいただくことが多いので、

もっと写真を好きになって楽しんでもらえるように写真教室や

素人からでも撮影でしっかり収入を得られる副業スクールのような

仕組みを作ろうと思っていますがご興味ある方っていますか?

ご興味ある方はお気軽にメッセージください。

 

さて、スタートから思いっきり道が逸れてしまいましたが現像ソフトについてお話しします。

現像ソフトとはRAWデータの色味や質感を調整するための専用ソフトです。

写真の一般的なデータはJPG(ジェイペグ)データといってどのパソコンでも携帯でもタブレットでも見ることができるデータです。

なのでSNSやブログなどに載せる写真データはJPGです。

先日記事の補足的になりますが、

RAW(ロウ)データではそのまま使うことができないのでJPGデータに変換する必要があります。

この変換作業をRAW現像といい、その変換過程で細かな色や質感の調整も行う、という考え方が分かりやすいかなと。

 

そしてこの変換作業をしてくれるのが「現像ソフト」というわけです。

現像ソフトには様々なものがあり、購入したカメラメーカーのオリジナルのものやサードパーティ製のソフトがあります。

RAW現像ソフトってどれも同じというわけではなく、メーカーによって様々。

「このソフトでできることがあのソフトではできない」ということはよくあります。

良い作品性は良い現像ソフトにかかっている、ともいえるほど重要なのが現像ソフトなのです。

 

さてそんな僕が使っているのはAdobe Lightroom(アドビ ライトルーム)です。

フォトショップやプレミアなど写真や動画、イラストなどビジュアル関係の処理ソプトとしては

あまりに有名なAdobe社が出しているRAW現像ソフトです。

 

プラグインが豊富なため様々な写真表現を可能とし、フォトショップなど他のアドビ社のソフトと相性が抜群なのはいうまでもありません。

そして使いやすいし、スマホやタブレットからも操作できてしまいます。

いじればいじるほど、その機能性の高さを伺えることは間違いなしです。

あ、あと、僕はあまりこの機能を使っていませんが、

撮ってからかっこよく仕上げたデータをそのままSNSに直接投稿できたり、

ホームページのアルバムように書き出してくれたり、

かゆいところにてが届く的な機能も充実しています。

 

僕はadobe社の回し者ではないので、あまりセールス的なことは言いたくはないのですが

Lightroo+Photoshopのセットで月980円で使いまくれるというのはめちゃくちゃありがたいですよね!

ちなみに動画編集やたまにちょこちょこと他のアドビソフトを使う僕としては全部込み込みの月4980円のプランに入ってます。

 

さて今回の、というか今まで掲載している作品もすべてこのAdobe Lightroomで処理しているわけですが、

同じソフトでも使う人や撮ってきたデータが違えば表現もさまざまです。

このオリジナリティを出す作業こそがRAWデータで撮影するための最大の醍醐味だと僕は思っています。

 

猟に出て獲物を捕らえて持ち帰り(撮影)、調理場で最高に美味しい料理に仕上げる(RAW現像)

ん〜、なかなかいい例えができました(笑)

猟も料理も上手くないとおいしい食事(作品表現)はできないということですね。

====================================================================

『あなたの魅力を最大限に引き出し、自分が望む人や仕事を引き寄せる』

写真はあなたというブランドを格上げしてくれる最高のツールです。

そんな”引き寄せ写真”に興味がある・撮られたい、という方はお気軽にご連絡ください!

東京都内・神奈川・埼玉・千葉を中心に撮影しております。

ご依頼があればもちろんどこでも飛んでいきますのでお気軽にお問い合わせください。

撮影依頼・お問い合わせ

====================================================================

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です